現在、感染症予防のため活動内容を変更しています。詳しくは、新型コロナウイルス感染症への対応をご確認ください。

❖活動記録

2022年7月17日(日) ⑥年生斑鳩カップ(2日目)

【日  付】 2022年7月17日(日)

【大 会 名】 ⑥年生斑鳩カップ(2日目)

【場  所】 イモ山公園体育施設グラウンド

◆ Gradation ⑥年生

【結果】 1勝2敗

【コメント】
◎1試合目(vs 斑鳩FC A)
■ 相手チームの個の力が強く、押される展開が続き、前半で3失点。
・前半先発メンバーの覇気の無いプレー、球際の弱さ、走れ無さにミーティングで少し厳しく指導。
■ 後半メンバーはスイッチが入り、球際強く、粘り強く戦うも3失点して0-6で完敗。
・大敗したもののトップの選手が気持ちの入ったプレーでチームを鼓舞、ディフェンスラインまで下がってボールを奪う等、すばらしい運動量を見せてくれました。
◎2試合目(vs FC淀川) 1-3 負け
■ 前半から気持ちの入った前線選手のプレスに相手が焦り、PKを獲得。これを決めて先制。
■ 良いリズムで試合を運べていましたが、連携ミスから失点。
・その後はメンバーの入れ替え等でリズムを取り戻せずに1-3で敗戦。
◎3試合目(郡山FC)4-0 勝ち
■ 前の2試合よりはプレスが弱く、楽にサッカーができたこともあって、チームコンセプトをきちんと体現できた試合でした。
■ 特に右サイドハーフの選手は、ドリブル突破からセンタリングを上げ、コーナーを何度も獲得。
・コーナーも、正確なキックから中でのヘディング、スキをついてショートコーナーを行う等、攻撃の起点になっていました。
■ 先制点もセンタリングぎみのロングシュートが決まり先制。
・このゴールは結構見る形で、この選手のストロングポイントです。
■ トップに起用した選手も、ボランチとの連携からショートを打つシーンがたくさんあり、得点への執念を見せてくれました。
■ 右サイドバックの選手も得意のオーバラップからロングシュートを狙うなど、攻撃面で強みを発揮。
・後半はメンバー交代を沢山行いましたが、交代出場した選手もゴールし、盛り上がった試合でした。
■ 公式戦に向けて課題がたくさん出た1日ですが、戦える選手と厳しい選手も明確になってきました。
・18人 仲の良いおっとりとしたチームですが、コーチ陣がんばって全選手に最後まで情熱を持ってコーチングしていきたいと思います。
・次の公式戦がんばります!!

【ギャラリー】

Gradation Instagram & Facebook のご紹介

もっとGradationの活動を見てみたいという方は、InstagramやFacebookをフォローしてみて下さい。

活き活きした選手たちの姿が、たくさん見られますので、ぜひ!

   

関連記事