現在、感染症予防のため活動内容を変更しています。詳しくは、新型コロナウイルス感染症への対応をご確認ください。

❖サッカーに必要な道具

【Q&A】サッカーをする時の水筒の選び方を教えて下さい。

◆ 季節と水筒の大きさ

■ 暑くなってくる6月から9月ごろまでの季節は、かなり大きめの水筒をご用意頂くようにお願いしています。
・具体的には、下記のような1.9リットルタイプのものを、Gradationの選手たちはよく持ってきています。

    
・フタを開けた時の水筒の面積も広いので、氷の大きさに関わらず入れやすいのも、こういう大きな水筒のメリットです。
■ 普段、学校にこんな大きな水筒を持っていってる子はあまりいないでしょう。
・しかし、サッカーをしていると、保護者の方の予想を大きく上回る量とスピードで、子どもたちは給水します。
・水筒に残っているお茶が少ないと、無意識に飲む量を調節してしまい、熱中症などの原因にもなります。

現場コーチ・保護者の負担

■ 暑い季節の試合やトレーニングの現場では、必ずと言っていいほど「コーチ、お茶無くなりました」と言ってくる子どもたちがいます。
・もちろん、そういう子たちの水筒は小さ目の1リットルタイプのものが多いです。
■ お茶が切れたまま試合やトレーニングを続けるのは、絶対に体に良くないので、現場にいるコーチや観戦している保護者の方が自動販売機・コンビニなどに走ってお茶を買ってくることになります。
・その場合のドリンク代の請求なども、中々その子の保護者にしにくいですし、現場コーチもコーチングに集中できなくなります。
・できるだけそのような事はない方がいいので、暑い季節のドリンクの量には、くれぐれもお気をつけ下さい。

◆ 夏以外の季節

■ 逆に、夏以外の涼しい季節については、それほど大きな水筒は必要ありません。
・1リットルタイプのもので十分だと思います。

  

関連記事