現在、感染症予防のため活動内容を変更しています。詳しくは、新型コロナウイルス感染症への対応をご確認ください。

❖サッカーのルール

【Q&A】①ハンド~腕(うで)のどこまで?肩はハンド?

◆ 手以外(いがい)のところでボールをコントロールするのがサッカー

■ ハンドは、サッカーをやったことがない人でも知っている有名(ゆうめい)な反則(はんそく)です。

■ ボールを使(つか)うほとんどのスポーツは、手でボールに触(さわ)ります。
・野球(やきゅう)、バスケットボール、ハンドボール、ドッヂボール、ラグビー・・・

■ しかし、サッカーだけは、体(からだ)のうち手以外(いがい)のところ(足、頭、胸、お腹、肩)でボールにさわって、ゴールに入れあうスポーツです。

■ 人間(にんげん)が一番(いちばん)器用(きよう)にボールをあつかえる「手」でさわるのを、あえて禁止(きんし)することによって、いろいろなすばらしいワザが生まれ、奥(おく)の深(ふか)いカケヒキが楽(たの)しめます。

・したがって、サッカーではボールを手でさわると反則(はんそく)になります。

◆ ワキから下に当たるとハンド

■ では、体のどの部分(ぶぶん)に当たるとハンドになるのでしょうか?

サッカー競技規則 第12条 ファウルと不正行為 第1項

■ ボールを手や腕で扱う
・ハンドの反則を判定するにあたり、腕の上限は、脇の下の最も奥の位置までのところとする。

■ ルールブック(競技規則)では「(ユビの先から)脇(わき)の下のもっとも奥(おく)の位置(いち)まで」という事になっています。

◎ 次の記事

関連記事